フジテレビ

【テレビ】岡村隆史「ビックリしてます」長寿番組『めちゃイケ』の終了告知を受け・・・

人気バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が、4日の番組放送内で番組終了を発表し、1996年スタートした21年余に続いた歴史に終止符を打つことになった。
『めちゃイケ』を牽引してきたナインティナインの岡村隆史(47)は番組内で、片岡飛鳥プロデューサーから来年春の終了を告げられ、数秒間絶句。
「(ドッキリではなくて)リアルなやつですか? えー、マジに終わるということですよね。ビックリしてますけど……」と動揺を隠さなかった。
ここ数年は視聴率の大不振に加えて「番組内容がつまらない」といった意見が噴出し、改編期が近づくたびに打ち切り情報が浮上してきた。
また今年から新社長に宮内正喜氏(73)が就任し、「タイムテーブルを白紙にする」と発言したことによって、さらに終了説が加速していた。
「そうした憶測が一気に広がったのが3日朝でした。フジテレビの二大看板番組『めちゃイケ』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』が来年3月で終了すると複数のスポーツ紙が報じた。
しかし、テレビ業界の慣例として長寿番組が終了する時は、長年にわたり番組を支えたタレントや芸能事務所、スタッフに失礼がないよう局サイドから順序立てて説明が入るのが筋。
フジテレビが正式発表していないことから、一部では打ち切りに否定的な声も上がっていました」(番組制作関係者)
業界内で根強かった『めちゃイケ』は終わらないという声。その理由として上げられたのがフジテレビの内部事情だったという。
同局の関係者がため息混じりに嘆く。
「フジとしては『笑っていいとも!』終了後、後釜となった『バイキング』が長らく苦戦していたことで、ご長寿番組の終了に対してのアレルギー反応が残っていた。
局全体の風向きを変えるため、断腸の思いで『いいとも』を打ち切ったはずなのに数字的には改善どころか、さらに低迷したワケで。
現在でも局内から『終わらせるべきではなかった』という意見がたびたび出てきます。
また、それと同時に、『めちゃイケ』を打ち切りにしたところで、あの枠で放送させるに足る番組企画が何ひとつ存在していないのも問題です。
打ち切り寸前でも、後釜番組が用意できないため消化試合として放送されている
バラエティ番組はどの局にも複数存在している。今のフジテレビにはそんな企画が集まるような求心力は全くありません」
ついに歴史の幕を閉じることになった『めちゃイケ』はフジテレビのバラエティー番組を象徴する存在でもあった。
肝いり番組もことごとく早期打ち切りとなり、時間帯最低視聴率を連発するフジテレビだけに後釜番組への不安は隠しきれないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1372657/
2017.11.05 07:07 デイリーニュースオンライン

続きを読む

谷岡郁子学長vsフジテレビ!!谷岡学長「(フジテレビの記者に)肩つかまれた痛い痛い痛い警察呼んで!!!」→フジテレビ「映像で肩をつかんでいない証拠出します」

12日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で日本レスリング協会副会長で至学館大(愛知県大府市)の谷岡郁子学長(63)がフジテレビの情報番組スタッフにけがを負わされたとして、愛知県警に被害届を出していたことを特集した。

続きはソースから
4/12(木) 8:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000058-sph-spo

続きを読む

【フジテレビ】とんねるず石橋が引退?「保毛尾田保毛男」に猛抗議

石橋貴明(55)が9月28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』(フジテレビ系)で演じた、人気キャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」に、
「男性同性愛者を揶揄している」との批判が上がり、ネット上でも物議を醸している。
それを受け、フジテレビの宮内正喜新社長(73)は29日の定例会見で「30周年スペシャルで、30年間で作り出してきた色々なキャラクターで展開をした。
時代が違っていて、不快な面をお持ちになった方がいたことは大変遺憾。謝罪をしないといけない」と陳謝した。
「今回は、LGBTなどリベラル系言論人がBPOに働きかけるなど、かなり厳しい抗議だったので石橋も深刻に受け止めたようです。
タモリ(72)、ビートたけし(70)ら大物にも出演を依頼し、珍しく木梨憲武(55)と揃ってサンケイスポーツのインタビューも受けた。
その甲斐もあり『ダウンタウンDXDX』(日本テレビ系)を押さえ、平均視聴率10.0%を記録した。
それだけに、石橋を高く評価する、日枝久(79)派閥の宮内社長に頭を下げさせた悔しさも強かったようです」(テレビ局関係者)
保毛尾田保毛男は青ヒゲ・七三分けの同性愛者を思わせる男で、石橋も「扮装は28年ぶり」という番組当初の人気キャラである。
当時はさほど問題にならなかったが、同性愛者の人権が尊重される昨今では「時代錯誤」感も否めない。
SNSでも「昭和の遺物」「VTRだけならまだしも2017年版はやる必要なし」などと厳しい声が集まった。
滋賀大学客員准教授・秋元祥治は「楽しくなければテレビじゃない」って言っても、わざわざ人を傷つけてはならない」とフジテレビのスタンスを疑問視した。
こうした動きを見た業界関係者の間で「このまま石橋は引退してしまうのでは?」と心配する声が上がっているという。
ある制作会社スタッフは事情を次のように説明する。
「55歳を迎えたとんねるず。石橋が常々”潔い引退”のタイミングを図っているのはよく知られた話です。
15年6月11日放送の『みなさんのおかげでした』でも、大久保佳代子(46)に
『やる気があっても世間にNOと言われた時が芸能人としての寿命』とハッキリ語っている。
ある左派活動団体もスポンサーに働きかけているとも言われ、もし番組が終了するようなことがあれば、潔く身を引くのではと心配されてます」
30周年の記念番組が、まさか引退へのきっかけとならないことを祈りたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1360024/
2017.09.29 21:15 デイリーニュースオンライン

続きを読む

フジテレビの椿原慶子アナ、悪質タックル事件でやらかすwww(※画像あり)

フジテレビは23日、報道番組「FNNプライムニュース α」(後11・40)において、同日行われた日大アメフット部の緊急会見について報じたが、悪質タックルを受けた「関学大(かんがくだい)」のことを「関大(かんだい)」と伝えたことをおわびした。
番組ではトップニュースとして日大の会見を報じた。反則指示を出したとされる内田正人前監督と井上奨コーチが「指示はしておりません」と、22日に会見した当該選手の説明と異なる主張を続けたことについて、椿原慶子アナウンサーが「いったい誰のための会見なのか。何のための会見なのか。正直、分かりませんでした」と振り返った。続いて「この会見、日大の反則選手、関大側は、どう受け止めたのでしょうか」と締めた。
関西学院大は通称「関学大(かんがくだい)」と呼ばれ、「関大(かんだい)」とは関西大のことを示す。
番組終盤に椿原アナは「先ほど、日大アメフト部のニュースで、関西学院大を意味する関学大というところを関大とお伝えしてしまいました。大変失礼致しました」とおわびした。

続きはこちら
https://www.daily.co.jp/general/2018/05/24/0011286498.shtml
続きを読む

フジテレビ関西学院大を「かんだい」と間違えてしまう・・・

フジテレビ 関西学院大を「かんだい」と伝えておわび…悪質タックル報道で
5/24(木) 1:17配信 デイリースポーツ
椿原慶子アナウンサー
https://i.daily.jp/general/2018/05/24/Images/f_11286499.jpg

フジテレビは23日、報道番組「FNNプライムニュース α」(後11・40)において、同日行われた日大アメフット部の緊急会見について報じたが、
悪質タックルを受けた「関学大(かんがくだい)」のことを「関大(かんだい)」と伝えたことをおわびした。
番組ではトップニュースとして日大の会見を報じた。反則指示を出したとされる内田正人前監督と井上奨コーチが「指示はしておりません」と、22日に会見した当該選手の説明と異なる主張を続けたことについて、
椿原慶子アナウンサーが「いったい誰のための会見なのか。何のための会見なのか。正直、分かりませんでした」と振り返った。続いて「この会見、日大の反則選手、関大側は、どう受け止めたのでしょうか」と締めた。
続きは以下より
https://www.daily.co.jp/general/2018/05/24/0011286498.shtml
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000192-dal-ent
続きを読む

ジャニーズ事務所VSフジテレビ勃発!!!山口達也氏の報道に関しジャニーズ事務所ブチギレ・・・

『TOKIO』の山口達也が未成年への強制わいせつ容疑で書類送検された一件は、
最終的に山口とジャニーズ事務所の契約解除という結末を迎えた。
だが、この騒動はまだ終わりを迎えていない。ジャニーズ事務所がフジテレビに怒りを露わにしているという。

続きはソースから
山口達也わいせつ騒動でジャニーズがフジテレビに激怒

山口達也わいせつ騒動でジャニーズがフジテレビに激怒


続きを読む