狩野英孝「アメトーク」で地上波復帰!出川哲朗、三四郎らと登場

9/1(金) 3:00 サンケイスポーツ
狩野英孝が「アメトーーク!」で地上波復帰 出川哲朗、三四郎らと登場
1月に当時17歳の女子高生との淫行疑惑で謹慎処分となり、6月に仕事復帰したタレント、狩野英孝(35)が、7日放送のテレビ朝日系「アメトーーク!」(木曜後11・15)に出演し、地上波復帰することが8月31日、分かった。
「なぜ?同じ事務所に同類芸人」で、同じマセキ芸能社所属のタレント、出川哲朗(53)、お笑いコンビ、三四郎らと登場。狩野は先月21日放送のインターネットテレビ局、AbemaTVの特番で、約半年ぶりに生出演していた。
狩野英孝(写真:サンケイスポーツ)

続きを読む

【画像】初代「日本一かわいい女子高生」りこぴん、ぺたんこお腹×美くびれくっきり水着ショットwww

昨年3月に開催された「女子高生ミスコン 2015-2016」でグランプリに輝き、初代“日本一かわいい女子高生”でタレントの永井理子(りこぴん)が30日、自身のInstagramにて水着ショットを公開した。
永井は「もう夏が終わってしまうのに今年の夏はまだ、お仕事以外では海もプールも行ってないからはやく行きたいな。間に合うかな」とコメントし、ビーチを背景にフリルの袖がある薄紫色のビキニ姿で、美くびれやぺったんこなお腹などを露わにした美ボディ写真を公開。
「#これは前にハワイに行ったときの #4ヶ月前」とハッシュタグでも説明している。
透明感あふれる姿に絶賛の声
ファンからは「水着姿も可愛い!」「スタイルよすぎる!」「透明感ハンパない」「もっと見たい!」「惚れた」といった絶賛の声が寄せられている。
りこぴん 水着ショット公開

初代「日本一かわいい女子高生」永井理子(りこぴん)

続きを読む

河合奈保子「再会の夏」ファンが選んだ秘蔵ビキニ写真!

河合奈保子「再会の夏」 ファンが選んだ秘蔵ビキニ写真!
2017.08.31 06:55
1980年、「HIDEKIの弟・妹オーディション」で優勝し、同年『大きな森の小さなお家』でデビュー、
日本レコード大賞新人賞を受賞した河合奈保子。1981年には『スマイル・フォー・ミー』で
NHK紅白歌合戦に出場するなどトップアイドルとなり、計36曲のシングルをリリースした。1
996年の結婚を機に活動を休止後は表舞台に出ておらず、今も「永遠のアイドル」と呼ばれる。
そんな河合奈保子が、この夏、B2判の大型ポスターになって帰ってきた。
その写真は、『河合奈保子 再会の夏 ポスター GRAND PRIX 2017』を通じてファン投票で選ばれたものだ。
そんな彼女の秘蔵写真の一部を公開しよう。
■『河合奈保子 再会の夏 ポスター GRAND PRIX 2017』
──ファン投票で選ばれた可愛い「紅組」、美しい「白組」の2セットを発売(各6枚組で1万4256円)。
予約購入特典としてミニフォトブックをプレゼント(9月15日まで)。
■DVD BOX『河合奈保子 プレミアムコレクションNHK紅白歌合戦&レッツゴーヤングetc.』
──アイドルからアーティストへと変化していく河合奈保子の軌跡をたどる3枚組DVD。1万7820円。
ポスター、DVDのどちらも8月30日発売。詳細はnaoko-fanmeeting.comへ。
◆写真/マガジンハウス
※週刊ポスト2017年9月8日号
NEWSポストセブン



続きを読む

「新木優子(実物)は“20数年来の信者”」 幸福の科学・大川総裁が得意の守護霊霊言で新木さん(霊)を降霊させる!

今月2日、幸福の科学教祖・大川隆法総裁(実物)の東京ドーム講演で広告塔・千眼美子さん(清水富美加(実物))が示した存在感。その余韻が残る8月13日、幸福の科学は女優・新木優子さんの守護霊霊言を公開しました。映像として収録され、現在、全国の教団施設で上映されているその内容は、新木さん(霊)が幸福の科学信者であることをカミングアウトし、将来的には幸福の科学による芸能活動に合流したいなどとするもの。その驚くべき内容を検証します。
■新木優子さん(実物)とは
新木優子さん(実物)はファッション誌『non-no』の専属モデルを務めながら、数々の話題作映画にも出演している若手女優です。現在放送中のフジテレビの「月9」ドラマにもレギュラー出演しています。
新木さん(実物)についてネットを検索すると、幸福の科学とのつながりが噂されていることがわかります。もっとも、それは噂レベルの話にすぎず、検索ランク上位のサイトをいくつか見てみても、その関係は否定されていました。
そんな中、大川隆法総裁(実物)によって新木優子さんの守護霊霊言が公開されました。教団の支部などに行けば信者でなくても視聴することができます。
公開された霊言では、大川隆法総裁(実物)の体に新木優子さん(霊)が入り、新木さん(実物)の本音とされるものを語ります。そしてそれは、新木さん(実物)が幸福の科学信者である事を認める内容でした。
新木さん(霊)と、インタビュアー役の大川紫央氏(大川総裁(実物)の妻(実物))や大川咲也加氏(大川総裁(実物)の長女(実物))との間で、こんなやりとり。
──どちらかというと、いち女優さんモデルさんにしては賢くいろいろ考えていらっしゃるのかなと。
「賢くもなんでもないですけど」
──お仕事を通して影響していくであろう価値観のところとか、思想性とか、善と悪。なんかそういったもんも深く考えておられることがよくわかったんですけれども。
「世間では知られてないんですけどね、実はあるところにサクセスNo.1なんて塾があるんですよ。世間では全く知られてない塾なんですけど、私もそこで勉強していたことが少しあるもんで
「いち女優にしては賢い」などという職業差別的な発言に対して、特に気にする様子もなく答える新木さん(霊)が口にした「サクセスNo.1」とは、幸福の科学が教団施設内で信者の子供たちを対象に開設している学習塾「仏法真理塾 サクセスNo.1」のこと。幸福の科学学園(中学・高校)の生徒や保護者たち(実物)によると、サクセスNo.1に通っている信者(実物)は学園の入試の際に優遇されるとのこと。サクセスNo.1に子供(実物)が通うということは、未成年信者(実物)やその親(実物)の信仰の熱心さを示す指標でもあります。
教団のウェブサイトでは、〈仏法真理塾 サクセスNo.1は、次世代を担う光の天使たちを育てます〉〈愛・知・反省・発展の四正道をバックボーンとして、信仰教育・徳育にウエイトを置きつつ、将来、社会人として活躍するための基礎学力の充実、応用学力の形成にも力を注いでいます〉と説明されています。
引き続き、新木さんの霊言です。
──今世のご本人の使命について、語れる範囲で教えていただけますか。
「それを言うのを一番恐れていることではあるので、はあ、もう終わりかなあ。終わりかな。お父さん、ごめんなさい。お父さん、ごめんなさい。もう終わりかもしれません。お父さん、ごめんなさい。まあ、でも今の仕事で行けるところまで、とりあえず確立するところまでできるだけ速い速度でいきたいと思っておりますので、その間に幸福の科学の芸能部門とかがもっと力を持って影響力を持って大きくなっていただけるとありがたいと思っています」
何を言いたいのかよくわかりませんが、この後に、こう続きます。
「これを言ったら父が胃潰瘍になる可能性があるので本当に難しいとは思うんですけども、数年、10年で合流したい気持ちは持っているんですけどねえ」
つまりは、「数年から10年で幸福の科学に合流したい気持ちはあるが、今の仕事でもう少し実績を積んでからにしたいので、その間に幸福の科学の芸能部門を大きくしておいてほしい」という趣旨のようです。

続きを読む

「中学生にビンタ」日野皓正に擁護論 「悪いのは生徒の方」「同情するよ」

著名なトランペッターの日野皓正さん(74)が指導中の男子中学生を往復ビンタするなどしたとみられる問題は、
中学生にも問題があるのではないかとの声がネット上で相次いでいる。
舞台の隅の方向から歩いてきた日野さんは、ドラムを叩いていた中学生の背後から中学生の両手をつかみ、
スティックを取り上げる。中学生の左頬を叩いたかのような仕草をした後、スティックを隅の方向に放り投げて…。
■スティックを取り上げても、演奏を止めず…
これは、週刊新潮が2017年8月30日、ウェブ版記事にアップした動画の冒頭部分だ。
日野さんは、東京都世田谷区教委が取り組む体験学習に音楽面で協力しており、20日は、指導中の中学生
約40人でつくるジャズバンドが4か月間の練習成果を披露するコンサートが区内で行われていた。会場には、
父母ら約600人が詰めかけ、演奏がほぼ終わって、アンコールの時間になったときにトラブルが起きた。
40秒ほどの動画を見ると、日野さんが、スティックを放り投げたときは、客席からは笑い声が上がった。
舞台の演出だと思ったらしい。
しかし、中学生は、それでも素手でドラムを叩き続ける。「止めろ!」。日野さんは、そう叫ぶと、
今度は中学生の前の方から近づいて、中学生の髪の毛を右手で引っ張り、ビンタのような仕草をした。そして、
「何してる!」と声を上げて、中学生に周りを見るよう促す。日野さんは、中学生を手で押すなどしてから、
何か声を上げながら、いきなり左頬を叩き、続いて右頬を叩く往復ビンタの仕草をした。
「何だ! その顔は?」と日野さんが叫ぶところで、動画が終わっている。
週刊文春なども今回の問題を報じており、それらの報道によると、日野さんは、中学生を舞台から外した後に、
アンコールの演奏を続けたという。
世田谷区教委は、指導を改めるよう求める
中学生がドラムを叩いていたときは、ほかのメンバーは演奏をせずに中学生の方を見ていた。中学生はこのとき、
ソロタイムの時間だったといい、報道によると、中学生がなかなか演奏を止めないので、日野皓正さんが
制止しに入ったという。中学生は、ドラムが上手だといい、演奏に夢中になっていたとの見方もある。
中学生は、ドラムを止めなかったことを反省しているという。中学生にけがはなかった模様だ。
日野さんの「往復ビンタ」について、世田谷区教委は、マスコミ取材に対し、「行き過ぎた指導」があったと認めた。
今後については、改めるように日野さんに求めたが、日野さんの指導は続けてもらう意向だとも報じられている。
ツイッターやニュースのコメント欄などでは、日野さんが中学生に手を出したことについて、
「軽率なんじゃないかな」「きつい指導はお客さんの前でやっちゃダメだな」「普通に退場させれば良かったんだろうな」
などと厳しい指摘が出た。
一方で、日野さんが厳しく対応したのは理解できるとする声はかなり多く、「なんだ、悪いのは中学生の方か」
「叱ってくれるだけありがたいと思わないと」「これは日野さん擁護ってか同情するよ…」などと書き込まれている。

JCASTニュース

続きを読む

梅沢富美男、ビール券配布の今井絵理子議員にあきれる!「頭悪すぎますよ」

俳優・梅沢富美男が31日、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。
SPEEDのメンバーで最近は橋本健神戸市議との不倫疑惑で世間を騒がせている今井絵理子議員が、
8月の人事で“出世”した議員にビール券を大量に贈ったとして、公選法違反疑惑が報じられたことについて、「ほんっとに頭悪すぎますよ。僕だって分かりますよ」と“素人感覚”をバッサリ斬った。
31日発売の「週刊新潮」では、今井議員が議員十数人に“お祝い”としてビール券を贈ったと報道。花などではなく、換金可能なビール券を配布したことを問題視している。
梅沢は「ほんっとに頭悪すぎますよ。僕、学歴なくて頭悪いけど、僕だって(ダメだって)分かりますよ」とあきれた様子。「何をしたら問題になるか、考えた方がいいと思いますよ」とアドバイスした。
司会の宮根誠司も「今井議員が国会議員としてどれだけ勉強しているのか、気になりますね」とこちらも“素人感覚”に首をひねっていた。
8/31(木) 14:40配信 ディリースポーツ
写真

続きを読む

榮倉奈々、赤ちゃん第一で決意!「喫煙夫をベランダ追放!」

昨年8月に賀来賢人(28)と結婚、今年6月に第1子を出産した榮倉奈々(29)。賀来はドラマ『愛したって、秘密はある』(日本テレビ系)だけでなく、
ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』にも出演中。だが多忙な中でも、妻を支えるべく奮闘しているという。
「彼は積極的に子育て参加していて、『お風呂は自分の担当だ!』と言っています。また、オムツ替えもすっかりお手のもの。赤ちゃんが泣いたときも、
“変顔”をしてあやしてあげていると聞きました」(テレビ局関係者)
イクメンぶりを見せている賀来。だがそんな彼に、榮倉から“ある指令”が出されていた。
「最近、賀来さんがベランダで煙草を吸っているんです。以前はそんな光景を見かけなかったのに、最近は複数のママさんが目撃していて。『お子さんがいるから
家で吸えないみたいね』と話題になっています」(前出・マンションの住民)
“赤ちゃん第一”を考えた末にベランダへと追放されたものの、賀来もまんざらでもない様子。彼自身、子どものため生活スタイルを変化させているという。
「賀来くんはもともと車好き。愛車の4WDもかなりこだわっていました。でも最近、チャイルドシートをセットしたそうです。また赤ちゃんがグズったとき用に
ハート形の風船を置くなど、愛車をすっかりファミリーカー仕様に変更したみたいです」(マンションの住人)
そんな夫のサポートもあって、榮倉の育児ストレスも軽減されているようだ。8月24日、榮倉はインスタグラムを更新。木村カエラ(32)や尾形沙耶香(32)と
豪華ランチ会を開いた様子をアップしている。
「3人は雑誌『セブンティーン』のモデル仲間なんです。カエラさんは先輩ママでもありますから、初めての育児の大変さをよくわかっています。榮倉さんは
気の置けない旧友たちと子育て話に花を咲かせるなど、束の間の“オフ”を楽しんだようです」(芸能関係者)
この日、榮倉は午後3時過ぎに自宅マンションへと戻ってきた。だがその30分後には、赤ちゃんを抱っこして再び外出。すっかり“ママモード”になっていた。
夫婦二人三脚で育児奮闘する姿は幸せいっぱいだった――。
女性自身

続きを読む