小林麻耶、麻央さんに似てきた? 本人も「一体となっているのかなぁ」

「麻央ちゃんにすごく似てます!!」「麻耶さんの瞳に麻央さんを感じます」――。
フリーアナウンサー・小林麻耶さん(38)の容貌が、妹の小林麻央さん(享年34)に「似通ってきた」とする声が、インターネット上で複数寄せられている
2人は「一緒に居るんですね」
こうしたコメントが増え始めたのは、2017年8月中旬ごろだ。麻耶さんは、同時期から歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)親子、そして母親とともにハワイでバカンスを過ごしている。
麻耶さんのブログでは、バカンスを満喫している様子を連日伝えている。自身が映った写真も複数枚投稿しており、それらに先の声があがっている。
例えば、「アサイーボール」と題したエントリー(8月21日)で、自撮り写真を披露した際は、
「今日は特に麻央ちゃんそっくりでびっくりです」
「麻耶さん、お顔 すべてのパーツが麻央さんに似てきましたね。口元なんて麻央さんですよ」
といった反応がコメント欄に少なくない数書き込まれた。
そう感じる理由として、
「2人で一つの顔になってるみたいに見えます。一緒に居るんですね」
「麻耶ちゃん、本当に麻央ちゃんに似てきたよ きっと一緒にハワイ楽しんでるんだね」
などと推測する向きもあった。
麻耶さんの見解は?
麻耶さんは20日のブログで、読者の声に応えている。
「最近、一瞬まおちゃんに見えました!まおちゃんに似ていますね!と、言われることが続いていたので、妹が守ってくれているのかなぁ、時々、一体となっているのかなぁ、と思っています。自分ではあまり分からないので言っていただけて嬉しかったです」

続きを読む

唐橋ユミが常に持ち歩いている意外なものwwww

18日放送の「爆報!THE フライデー」(TBS系)で、フリーアナウンサーの唐橋ユミが、自身専用の「マイおちょこ」を持ち歩いていることを明かした。
番組では「サンデーモーニングの美人アナ」と題し、仕事終わりの唐橋に密着し「夜の顔」に迫った。仕事後は飲み歩くのが日課になっているという唐橋だが、この日は20年来の親友と東京・新宿の店で待ち合わせていた。
ふたりはまず日本酒で乾杯をしたが、唐橋はおもむろにバッグから謎の袋を取り出す。袋の中には大量のおちょこが入っており「今日は7個」と、持参したおちょこを披露した。
「マイおちょこで飲むのが、私たち大好きなんですよ」と言う唐橋は、「これは純米大吟醸でスゴく芳醇な香りがする。フチが大きい(おちょこで飲む)とフワーっと香りが感じられません?」と、マイおちょこで日本酒を飲みながら力説。その後も、爽やかな味わいの冷酒には江戸切子で飲むなど、日本酒の種類によっておちょこを使い分けていた。
そんな唐橋は、酒師の資格も取得しており、さらに唐橋の実家は創業100年の酒蔵「ほまれ酒造」なのだとか。製造した「会津ほまれ」は、世界最大規模の酒コンテストでゴールドメダルを4度受賞しているという。
唐橋は酒造出身のためか飲みっぷりも豪快で、ふたりで5合の日本酒をたいらげていたそう。密着VTR後、スタジオでは爆笑問題の太田光が「おちょこをいつも持ち歩いている?」と改めて唐橋に問いかけると、唐橋は「だいたい5個は持っている」「味わいも違いますし、毎回乾杯もできますね」と、マイおちょこの良さを語っていた。
2017年8月19日 6時50分トピックニュース
写真

フリーアナウンサー・唐橋ユミ、創業100年「ほまれ酒造」が実家のお嬢様だった!

続きを読む

【画像】千秋、ももクロメンバーの間に入っても「違和感ない」の声

タレントの千秋が、ブログとInstagramで、「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」(フジテレビ系)14日放送の【GIRL’S FOLKTORY 17】で「六甲たこおろし」を歌ってきたことを報告している。

同番組はTHE ALFEEの坂崎幸之助とももいろクローバーZが、ゲストミュージシャンを迎えてセッションを行う生放送。この日の出演者はももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、たこやきレインボーらと、シークレットゲストとして千秋のほか嘉門タツオ、奥華子らが出演した。
千秋は「ファンの皆さん、わたしにもちゃんと声援くれたりして、凄い盛り上げてくれて、優しい。歌のお仕事は楽しいな」というコメントとともに、ももクロとのショットも公開。
メンバーにすっかり溶け込んでいる写真に、ファンからは「違和感ないですよー」「千秋ちゃんも、ももクロさん達もみんな可愛い」といった声が寄せられた。

続きを読む

月給11万円・舛添要一、都知事辞任後初のバラエティー出演に「抜群の視聴率でした」

前東京都知事の舛添要一氏(68)が18日、自身のツイッターを更新した。
舛添氏は17日放送のTBS系「有吉ジャポンSP」で都知事辞任後、初のバラエティー番組への出演を果たした。
番組では現在の生活を公開し、給料が月11万円などと明かしていた。
ツイッターではこの放送を振り返り「有吉ジャポンSP」放送後、多くのご意見・批判・激励の言葉を頂き、ありがとうございます。
抜群の視聴率でした。
テレビの常としてOAされない部分のほうが多かったですが、拙著『都知事失格』も是非お読み下さい。
豊洲・築地、五輪競技施設、社会保障など都政の課題にも言及しています」と記していた。
平均視聴率は10・7パーセント(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。


続きを読む

窪田正孝「僕たちがやりました」視聴率ワースト更新・・・

日刊スポーツ

フジテレビ系の窪田正孝(29)主演の火曜ドラマ「僕たちがやりました」(午後9時)の22日第6話の平均視聴率が5・2%(関東地区)だったことが23日、ビデオリサーチの調べでわかった。自己ワーストだった第5話の5・4%を下回った。
同ドラマは、累計発行部数120万部を突破する人気漫画が原作。平凡な高校生グループが、別の高校生と敵対していくうち、事件に巻き込まれていく、テンポのある「青春逃亡サスペンス」ドラマ。今月29歳になった窪田が、最後?の高校生役を熱演している。
第6話は、パイセン(今野浩喜)が釈放され、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオ(窪田正孝)は、ようやく罪の意識から解放される。一方、事件の結末に納得がいかない飯室(三浦翔平)は、闇社会のドン・輪島(古田新太)が何か関わっているのではないかと疑う。翌日、トビオたちはパイセンが菜摘(水川あさみ)からデートに誘われた聞き驚く。1人で心細いパイセンは、菜摘との会話をこっそりモニターするようトビオたちに頼む。しかし、菜摘には全く別の思惑が隠されていた、という内容だった。

続きを読む

梨花、ハワイでお受験戦争に奮闘!!

梨花挑んだハワイお受験戦争、大人顔負けの知られざる熾烈さ
8/23(水) 6:07配信

《今日から現地校の新しいschoolが始まりました》
8月15日、インスタグラムにこう投稿した梨花(44)。15年秋からハワイ生活をスタートさせていた彼女だが、実は現地で長男(5)のお受験に奮闘していたことを明かしたのだ。
あまり知られていないが、実は、ハワイでのお受験戦争は日本に負けず劣らずの熾烈さだという。『世界標準の子育て』(ダイヤモンド社)の著者で、現地でバイリンガル塾を営む船津徹氏はこう語る。
「ほとんどの私立小学校にはキンダーガーデンといわれる1年制の幼稚園が併設されているため、ハワイで“お受験”といえば幼稚園受験です。
でも公立校は学力レベルが全米平均より低いため、多くの人が私立を志望します。そのためトップクラスの私立校に入るには、より熾烈な競争が起きるのです。
現地の子どもたちでも入るのが大変ですから、日本人の場合はさらに難しいといわれています」
学費は公立だと基本的に無料だというが、私立のトップクラス校だと年間200万円以上かかることも。それでも志望者は殺到し、倍率は5倍をゆうに超えるのだ。
「受験で求められるのは、まず英語力。面接官と一対一で約1時間も英語で話さなければならないからです。また自己表現力も重視され、自分の意見をきちんと伝えられなければなりません。
そしてさらに、思考力も問われます。たとえば『なぜスープをスプーンで飲むのですか?』などの質問に答えられなければならないのです」
これらを45歳の子どもが行うのだから、日本人では並大抵の努力では合格できないだろう。冒頭のインスタグラムの投稿は、志望幼稚園に合格して待ちに待った“入学式”当日の様子。
大きなリュックを背負った長男の後ろ姿とともに、こんな言葉も添えられていた。
《母ちゃん初めてのお受験モード #結構厳しくしたこともありました #そのくせ私が辛くて泣いてやっぱりお受験辞めようと彼に言った時があった #そしたら僕頑張ると言った時の事母ちゃん忘れない》
伝わってくる万感の思い。そこには、悩み続けた母子二人三脚の日々があった――。

続きを読む

相田翔子は“寝耳に水”反応…Wink復活報道のウラ側

相田翔子は“寝耳に水”反応…Wink復活報道のウラ側
2017.08.23

懐かしの名コンビ(C)日刊ゲンダイ
懐かしのアイドルデュオ、Wink復活が一部スポーツ紙で報じられ、ちょっとした騒ぎになっている。
デビュー30周年となる来年4月に再始動し、新曲やコンサートを計画中というのだが、相田翔子(47)は21日のブログで
「今朝の報道はびっくりでしたね! さっちんもきっとびっくりしているはず!」と寝耳に水のようなコメントを発表。
とはいえファンからは「もし本当ならこんなにうれしいことはありません」「真相を待ちますね」など、復活を望む声が寄せられているといい、ヒョウタンから駒の可能性もありそうだ。
「1996年の活動停止から20年余り、相田翔子は司葉子の三男の医師と2008年に結婚し、5歳の長女は来春小学校に上がります。仕事も、歌に映画と順風満帆ですが、
一方の鈴木早智子は公私ともにパッとしません。09年に出したセクシーイメージビデオ、10年に俳優との不倫を報じられ、休業に追い込まれたりで、最近もCSドラマ出演くらいしか聞こえてこないんです。
私生活でも、48歳の今も独身の様子。活動休止後は対照的にも見える2人ですが、休止の理由は仲たがいではなかったし、いまも連絡を取り合う間柄というのですから、
降って湧いた話であっても、翔子が早智子のためにひと肌脱いで再結成という筋はあり得ると思いますよ」(某局ワイドショー芸能デスク)
Winkといえば1989年のヒット曲「淋しい熱帯魚」などで見せた無表情な歌い方と、ロボットのようなダンスが印象的。当時多くの子どもたちがマネをしてブームになったが、リバイバルブームとなるか。

続きを読む

IMARU、父の日の似顔絵で悩む「本当の父か母がお付き合いしている人か…」

デイリースポーツ

タレントのIMALUが23日、NHK「あさイチ」に出演。親の離婚を経験した子供の意見を求められ、幼稚園時代の父の日のエピソードを披露。幼稚園で父の似顔絵を描く際、「当時、母がお付き合いしていた一緒に住んでた第二のお父さんか、本当のお父さんか」悩んだことを明かした。IMALUの両親はお笑い芸人の明石家さんまと女優の大竹しのぶ。大竹はさんまと離婚後、演出家の野田秀樹氏と数年間同居生活を送っていた。
番組では、「親の離婚 こどもの本音」と題して、両親の離婚を経験したIMALUとユージがゲストとして登場。IMALUは2歳の時に両親が離婚したが、当時を振り返り「お父さん、お母さんがいる家が素直に羨ましかったが、(親にはその気持ちを)言いづらかった」と語った。
その中で、子供が親に気を使うことはどんなときかと聞かれ、IMALUは幼稚園時代、父の日に父親の似顔絵を描く機会を挙げた。「当時、母がお付き合いしている人と一緒に住んでいた。第二のお父さん。どっちの顔を描こうかと。本当のお父さんなのか、家に帰ったら一緒に遊んでくれる今のお父さんなのか…」と悩んだ結果、家でその絵を見るのは一緒に住んでいる第二の父親であることから「そっちの方の絵を描いた」と振り返った。
IMALUは当時を振り返り、「父の日だから、本当のお父さんの顔を描けばいいのに、お父さんに気を使ったというより、そっち(同居していた母の交際相手)の方に気を使った」とコメント。MCの井ノ原快彦から「その時お母さんは?」と質問されると「幼稚園だったので覚えてない」と苦笑い。井ノ原は「小さくても気を使ってたんですね」と労っていた。

続きを読む

福山雅治がインスタ開設もフォロワー増えず…“ましゃ”から“お福さん”へ

8月19日、福山雅治(48)がラジオ番組『福のラジオ』(TOKYO FM)でインスタグラムの開設を発表し、「福山、インスタ始めました。聖域MV解禁まで震えてまて。」という直筆の言葉を紙に書いて投稿した。今後は、福山の愛用品や福山の身体のパーツのドアップ画像が公開されるそうだ。
吹石一恵(34)との結婚後に一部のファンがアンチへと変貌し、ネット上でバッシングを繰り広げているが、今回もアンチは活躍。「なりふり構ってられないのかな」「おっさんなのにイタい」といった中傷コメントで福山を貶める様子が見受けられる。
しかしこのインスタはもちろん福山のプライベートアカウントではない。9月13日発売の福山のニューシングル「聖域」と連動しており、プロモーションの一環と考えられる。福山以外にもこれまでに芸能人がプロモーション目的でインスタを開設した例は多々あるため、インスタ開設を「必死」と叩くのはお門違いだ。
とはいえ福山の注目度が、彼自身の全盛期と比較すれば低下気味であることは否めず、フォロワーの伸びに顕著に表れている。キリン「氷結」の広告と連動した高橋一生(36)のインスタには現時点で約62万人のフォロワーがつき、サントリー「ほろよい」PRだった沢尻エリカ(31)のインスタは開設半日でフォロワーが7万人を超え2日で18万人を突破していた。しかし福山のインスタアカウントは開設公表から4日が経過した今、フォロワー数は14万人程となっている。
福山のインスタでは日本語の文を、英語、中国語に翻訳したver.も同時に載せているが、フォロワー数増加に奏功しているのだろうか。さらにMVからのカットということで福山のキメ顔ばかりがインスタに投稿されているのだが、これには「見てるこっちが恥ずかしい」「かっこつけまくりおじさん」「もはや『ましゃ』じゃなくて『お福さん』なんだから」とかつてのファンが厳しい反応を示している。“お福さん”とは現在の福山のあだ名だそうだ。
2015年の結婚直後は“ましゃロス”という言葉まで流行し、各メディアがこぞってファンの受けた衝撃を報道していたのも遠い昔のことに感じられる。その後、主演した月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)が一桁視聴率を連発すると「あの福山なのに、なぜ」と今度はメディア側が衝撃を受けた。木村拓哉しかり、まばゆいほどの輝きを放ち日本中の女性を虜にした“イケメン”が、40代で“イタいおじさん”扱いに転じてしまうことは残念でならない。年齢を重ねること自体は誰にも等しく、悪いことでは全くないはずで、魅力を失うこととイコールでもない。福山には“素敵なおじさん”として再び我々を魅了してほしい。

続きを読む

堀江貴文「先進国の教育制度って今の時代に合わなくなってきている」

5日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターの堀江貴文氏が、日本の教育制度に対して持論を展開した。
番組では「新聞ベスト8」のコーナーで、「“こども保険”自民が検討」と題し、東京新聞の記事を取り上げた。
記事によると、子育て支援の財源確保のため、厚生年金や国民年金保険料に上乗せして徴収する仕組みを、自民党が検討をしているという。
番組MCの原田龍二は、この記事に絡めて「大学の授業料無償化」について、堀江氏にコメントを求めた。
堀江氏は「そもそも大学はコスパが悪い」とし、政策を実施するのはそういったムダをなくしてからだと指摘。
さらに、教育制度についても「そもそも、先進国の教育制度って今の時代に合わなくなってきている」「平均的な子どもを生産しても、なんの意味もない」と指摘し、個人に合った教育が必要な時代だと主張する。
堀江氏によると、例えば走るのが得意な子供には、走る能力を伸ばすべきであり、勉強が苦手な子供に、無理やり勉強をやらせても意味がないというのだ。
勉強や教育はオンラインで十分可能だという堀江氏に対して原田が「オンラインだと先生に怒られたりしない」とし、集中できない人も増えるのではないかと危惧する。
しかし堀江氏は「いいんですよそれで」「嫌なことをやらなきゃいけなかった時代はこれまで」と、自分にあった生き方が選択できる世の中になってきていると主張。
一方で、もうひとりの番組コメンテーター・中尾ミエが「大学の授業料無償化に意味はないよね?」と堀江氏に尋ねると、堀江氏は「意味がないというか…」
「大学の経費の多くは、都心部にあるキャンパスの維持費や、使えない教授、半分くらいが使えない教授なんですけど、そいつらの人件費ですから」「そんなのに税金をつっこむとかあり得ない」と一刀両断していた。

2017年5月5日 20時25分 トピックニュース

続きを読む